ゲルマニウムラジオの製作 - ラジオの製作

Posted by kyosuke at 04/08 2008


nayutaが好きです。
とかはとりあえず置いておいてですね、

ラジオの製作を始めました。

ゲルマニウムラジオから、
スーパーヘテロダインラジオ、
今を時めくソフトウェアラジオまで、

気長に、いろんなラジオを作っていこうと思います。


で、今回はゲルマニウムラジオを作ってみました。


ゲルマニウムラジオは電池がいらないラジオです。
(一応言っておきますが、コンセントもいりません)
電子工作の超入門者向けです。

ちなみに、僕はその昔、
ゲルマニウムラジオを作ろうとして失敗した経歴を持つ。
(それ以来、作っていません)


後顧の憂いをなくすために、
ゲルマニウムラジオを攻略することにしました。


で、あっけなく作れちゃいました・・・。


Geradio




部品
バリコン(AM用単連バリコン 260pFくらい) 250円くらい
ゲルマニウムダイオード 1N60 50円くらい
マイクロインダクタ 330uH(220uHでも動いた) 30円くらい
アンテナ←電線(2mくらいで聞けるた) 100円くらい
クリスタルイヤフォン 250円くらい

回路図
Geradio


アンテナに、
電線が10m必要といわれていますが、
1m(横に伸ばす)くらいで電波を拾ってきてくれました。

個々の状況によりアンテナの長さがかわると思いますので、
余分に長く買うのをお勧めします。
(のちのち電線は他の電子工作で転用できますしね)

マイクロインダクタは、
220uHから330uHで動きます。



仕組み的な話ですが、
アンテナでラジオの電波を受けて、バリコンとコンデンサで
ラジオを流している周波数(AM)に同調、いろんな電波を受け取っているなかで、
ラジオの周波数にだけ反応するようにバリコンを動かして設定する。

そしてそのラジオ電波のエネルギーを
クリスタルイヤフォンで取り出せる形にダイオードで検波する。


みたいなことを適当に言ってみる。
いろんなことを間違って言っている気がするけど、
細かいことは気にしない!


対応する周波数帯域は・・
物理の教科書を開いて公式を引っ張り出して、
あーだこーだと。

とにかく、
C(コンデンサ)とL(インダクタ)の値で、f(周波数)が求まるのだ。



実は、ゲルマ君にはあまり興味がないので、
まぁ、あれです、興味のある人は他のサイトでもうろついてくださいな。




ゲルマニウムラジオの
仕組み的なことが結構詳しく書かれている

まずは、ゲルマニウム・ラジオ
http://www.page.sannet.ne.jp/je3nqy/Radio/geradio.htm


詳しく分かりやすく図がいっぱいある

ゲルマニウムラジオ
http://zea.jp/audio/ge3/ge3_01.htm


コイル(マイクロインダクタ)を自分で作っている
バリコンまで自分で作っている人・・・。

はじめてのラジオ
http://www.geocities.jp/tukurouradio/aisatu.htm