DSO-2090 USBオシロスコープを購入しました - 電子工作の道具

Posted by kyosuke at 04/09 2008
>>次の記事: PICライタの定番、PICkit2を買いました
>>前の記事: ブレッドボードの使い方、電子部品の節約+電子回路の試作用



ついにオシロスコープを買いました!
(以前持っていたオシロはほとんど壊れているので使いたくありません)


オシロスコープというのは、
いうなればテスターの親玉。

テスターは、値を見ることができますが、
オシロスコープでは、その波形も見ることができます。

電子工作をする上で、波形が見れないと、
なんでこういう失敗になっているのかを見つけ出すのが、
やっかいになることがあります。

秋月のオシロスコープや
http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?c=oscillo&s=price&p=&r=1&page=

ヤフオクで出品されている中古のオシロスコープを
しばらくの間見ていました。


で、うろつくこと数日・・・、

ebayでUSBオシロスコープDSO-2090を購入しました!
価格は送料込みで21000円。

購入相手は、Asia Engineer
http://stores.ebay.com/Asia-Engineer

購入から、5日程度で届けてくれました。
ポジティブフィードバックが99.4%なので、
取引相手としては、安心です。

不良品を送りつけるような相手は、
このポジティブフィードバックが90%を切っています。


ちなみに、同じものが、
ヤフオクでは26000-28000円、
普通のお店では34800円で売られています。
http://www.atex.pos.to/DSO2090.html




ぶっちゃけ25000円を超えると、USBオシロではなく、
普通のちゃんとしたオシロをヤフオクで買うと思うのですが、
21000円は・・・挑戦のしがいのある安さです。




性能は細かいことは抜きにして、

40MHz 2ch

プローブが2つ付いてきます。
USB経由でパソコンに波形を表示します。
持ち運びもできちゃうくらい省スペースです。



40MHzまで測れるようですが、
まぁ、おそらく実質40MHzも測れないだろうと思います。


1kHzしかテストをしていませんが、
10MHzまで測れれば御の字ですね。
1MHzで、まぁぎりぎりOKとします。

500kHzを切っていたら怒り狂うよ。

シグナルジェネレータでも持っていれば、
手っ取り早くテストするんですけどね。



基本的に、電子工作のほとんどは、
1MHz以内で事がなります。

むりして10MHzまで測るかもしれませんが、
そういったことはまれです。

10MHzを超えるような高周波アナログの電子工作は、
基本的に避けて通る道です。


まぁ、何はともあれ
21000円のUSBオシロを使って10MHz-40MHzを測れなくても、
文句はいわないぞ、という話です。




以下、箱を開けてから、
キャリブレーション(補正)までの写真を載せておきます。




Box


DSO-2090の本体
2090


DSO-2090の前面
2090_front
ここにプローブを刺す!


DSO-2090の後面
2090_back
USBでパソコンにつなげる

ここにある、2Vpp 1kHzとGNDで
キャリブレーション(補正)をする。


プローブ
Probe
60MHzまで対応


USBケーブル
Usb_view

パソコンへ刺すやつに2つあるんだけど??
Usb
とりあえず黒いほうだけを刺しています


DS0-2090のマニュアル
Manual

一応マニュアルを見ながら
ソフトをインストール!


インストール用のCD
Cd

ドライバーも入っているので、
インストールが終わっても
しばらく入れっぱなしにしておく!
(インストール後、USBの認識が必要なため)


問題なく、無事インストールとドライバの認識も完了!


とりあえず、
テストもかねてキャリブレーションをしておきます。


Probe_test_back


Probe_test
写真の真ん中にあるネジを少し回してキャリブレーションを行う。



キャリブレーション後
Output
キャリブレーション前は、
この波形が少し台形(ひし形?)っぽくなっています。


コントロールパネル
Controller

結構、簡単にコントロールできます。
ただ、設定を変更するとDS0-2090の本体のほうが機械的にカチカチッというので、
むやみに設定を変えないほうが良いかもしれない。





値段が21000円ということもあり、購入当初は、
安物買いの銭失い?

を恐れていましたが、
これは結構良い買い物になっている気がします。

大切に使おうー。


>>次の記事: PICライタの定番、PICkit2を買いました
>>前の記事: ブレッドボードの使い方、電子部品の節約+電子回路の試作用
DSO-2090 USBオシロスコープを購入しましたへのコメント

はじめまして、神奈川県在住のTと申します。 DSO-2090USBを会社の仕事で使う為に買おうかどうか、悩んでいる中で、取り上げられていたのを<br /> 拝見させていただきました。 このようなことを質問するのは大変恐縮なのですが、もし良かったらコメントのご返事をいただけると有難いです。 具体的な話として、当該機種はオシロスコープとしての機能のほかに、データロガーの機能についているようですが、5秒から30秒周期ごとに電圧レベルを2週間ほど連続して測定したいと考えています。 電圧レベルは大丈夫だとしても、時間軸が正しく出力されるかかなり不安です。 使っていて何か気がついたことがあれば、教えていただけないでしょうか? 宜しく御願い致します。

匿名さん at 06/20 2008

ごめんなさい、データロガーの機能は使ったことがないので、時間軸についてはわかならいのですが、ただ、2週間連続して測定する場合、ソフトがフリーズする可能性があります。 というのも、私の場合、1時間ほどオシロスコープのソフトを起動して、波形などをいじくっていたら、いつの間にかフリーズしていました。強制終了して、再起動したら、使えるようになりました。2週間ずーと問題なくソフトが動き続けるというのは、微妙なところです。

kyosuke at 06/23 2008

いまさらのコメントですが、USBケーブルは電源の電流確保のために2つ接続口が付いてるんだと思いますよ。2つとも繋ぐのが吉かと

匿名さん at 09/03 2010





電子工作の道具のモノ作り記事

Pinhead_thumb
PICkit2でPICマイコンにプログラムを書き込んでみる
PICkit2用に、 ピンヘッダを買ってきたので、 書き込みテストをしてみます。 [[115]] ピンヘッダ 左のやつは元々まっすぐだったのを、 ラジオペンチで折り曲げました。 ...
続きを読む>>PICkit2でPICマイコンにプログラムを書き込んでみる
Posted by kyosuke at 05/05 2008

Pickit2_thumb
PICライタの定番、PICkit2を買いました
PICライタにAKI-PICプログラマー Ver.4を持っていますが、 PIC24Fとかに書き込めないし、他にも使いたいけど対応していないデバイスがあるし、 最近ICを差し込むところが接触不良で文...
続きを読む>>PICライタの定番、PICkit2を買いました
Posted by kyosuke at 04/24 2008

Box_thumb
DSO-2090 USBオシロスコープを購入しました
現在のページです
Posted by kyosuke at 04/09 2008

Breadboard2_thumb
ブレッドボードの使い方、電子部品の節約+電子回路の試作用
MP3プレーヤー自作(2008 3/28現在) http://give-n-take.net/gat/user/show_tag/2200 で、トラップに引っかかってしまっているので、 電子...
続きを読む>>ブレッドボードの使い方、電子部品の節約+電子回路の試作用
Posted by kyosuke at 03/28 2008

P1010015_thumb
秋月のデジタルマルチメータに注意 (- -)
NFT水耕栽培をコントロールするために、 秋葉原にある秋月へフォトリレーを買いにいきました。 僕の持っているデジタルマルチメータ(2000円くらい?)は電流の計測ができなかったので 電流も測...
続きを読む>>秋月のデジタルマルチメータに注意 (- -)
Posted by kyosuke at 08/28 2007