NFT水耕栽培の設備Ver.4(←ひぐらし)とポンプコントローラVer.5の始動 - 水耕栽培

Posted by kyosuke at 04/14 2008
>>次の記事: NFT水耕栽培の設備、今までのバージョンのまとめ (+発芽したミニトマトの7割が死亡!)
>>前の記事: 水耕栽培用のポンプver.5 + トマトが発芽しました



NFT水耕栽培の設備Ver.4
Nft
12個植えることができます。

できるだけ日当たりの良いところに設置。

以前に30個くらい穴を開けて植えられるようにしたら、
マヌケなことになったので、今回は12個だけ穴を開けて、
植えることにしました。

植わっているのは全部トマトです!
近いうち、育ちの悪いトマトを間引きして、
そこにナスを植える予定です。


Nft2
養液が10リットルくらい入る。
10日に1度くらい、
水(養液)を補給してやればOKです。

パイプの太さは50です。
実は見えないところに工夫があったりします。
パイプの内部に一時、養液が充満する感じにー。

トマトとかそういう大きくなるやつは、
パイプの太さは50くらいが良い。

パイプが40とかだと、
育つにつれパイプの内部が根で満杯になり、
水が通りにくくなる。




ポンプコントローラVer.5
Pomp_controller

30秒間ポンプON
20分間ポンプOFF
を繰り返します。

水のやりすぎは良くないかもー?
ということで、30秒間水をあげたあと、
20分ほどポンプをオフにします。

水をやる最適な間隔ってどうなんでしょうかね?


ポンプコントローラのVer.1からVer.4まで、
充電池で動かしていましたが、
Ver.5はコンセントから電気を供給します。

電池を取り替える必要がないので、とても気楽です。

漏電の心配がないように、
コントロール部分は家の中におけるようにしました。

ちなみに電気代、
1日2円くらいかな?



ついでにナスが発芽しました
Eggplant
なぜかへにょってます。



もう少し広い場所で、
太陽が良くあたるところがあれば、
もっといろんなのを植えて試せるんだけどなー。

あんま日当たり良くないんだよねー。


>>次の記事: NFT水耕栽培の設備、今までのバージョンのまとめ (+発芽したミニトマトの7割が死亡!)
>>前の記事: 水耕栽培用のポンプver.5 + トマトが発芽しました





水耕栽培のお勧めアイテム

水耕栽培のモノ作り記事

No_image
自作の水耕栽培の装置の作り方 パーフェクトガイド2
さてさて、前回の続きです。 ちなみに前回↓ 自作の水耕栽培の装置の作り方 パーフェクトガイド1 http://toolible.net/monozukuri/articles/82 ...
続きを読む>>自作の水耕栽培の装置の作り方 パーフェクトガイド2
Posted by kyosuke at 08/20 2008

No_image
自作の水耕栽培の装置の作り方 パーフェクトガイド1
ペットボトルで葉っぱを育てる? 市販の水耕栽培キット(価格1万円以上)でミニトマト1つ植えて育てる? 道具代1万円、 材料費2万円で、 ミニトマトやキュウリなど、 十数個を植えて...
続きを読む>>自作の水耕栽培の装置の作り方 パーフェクトガイド1
Posted by kyosuke at 08/04 2008

Higurashi_thumb
水耕栽培、繁栄を謳歌しています・・、水15リットル/日
繁栄を謳歌しています・・、水15リットル/日 水耕栽培は育てば育つほど、 水(養液)をどんどん吸い取っていきます。。 現在、ひぐらし5リットル/日、アグアグ10リットル/日 の養液が吸...
続きを読む>>水耕栽培、繁栄を謳歌しています・・、水15リットル/日
Posted by kyosuke at 07/24 2008

Root_thumb
アグアグver.1.5 - きゅうりを過小評価してたみたいです
アグアグに問題発生 アグアグの養液タンクは、設置場所の制約上(場所がない!) 1回につき6リットルの養液補給くらいの大きさしかありませんでした。 現時点でのアグアグの構成 キュウリ...
続きを読む>>アグアグver.1.5 - きゅうりを過小評価してたみたいです
Posted by kyosuke at 07/10 2008

Cucumber_thumb
水耕栽培で育てたキュウリを収穫しました、味は?
キュウリを植えた当時の記事、5月11日 http://toolible.net/monozukuri/articles/71 4月下旬にタネを蒔いてから、 2ヶ月ちょっと。 ついにキュ...
続きを読む>>水耕栽培で育てたキュウリを収穫しました、味は?
Posted by kyosuke at 07/03 2008

水耕栽培 の35記事を見る