NFT水耕栽培の設備、今までのバージョンのまとめ (+発芽したミニトマトの7割が死亡!) - 水耕栽培

Posted by kyosuke at 04/22 2008
>>次の記事: ポンプコントローラ、今までのバージョンのまとめ
>>前の記事: NFT水耕栽培の設備Ver.4(←ひぐらし)とポンプコントローラVer.5の始動



ちなみに、
ここで出てくるVUパイプ(VPパイプは)
水道管に使われる塩化ビニールパイプです。

水道にも使われるので、
特に悪いものではございません。
大きなホームセンターで買ってきます。

普通のノコギリで切れます。
穴は電動ドリルで開けるのが楽です。



NFT水耕栽培の今までの設備

■ Ver.1 始めの一歩
VUパイプ40(直径4cm,内径)を使って、4段階(2往復)の経路

http://toolible.net/monozukuri/articles/23
Nftver1

http://toolible.net/monozukuri/articles/24
Nftver1_1

養液タンクが透明なので、
しばらくするとコケが生え放題になった。

パイプに穴を開けすぎた。(よくばり過ぎ)

太いホース(洗濯機用?)でパイプをつなげたら、
そのホースの部分にコケが生えたり、
養液が漏れたり・・。

踏んだり蹴っ飛ばしたりバージョン。




■ Ver.2 改善してみる
VUパイプ40を使って2段階(1往復)の経路(材料はVer.1から転用)

Nftver2
http://toolible.net/monozukuri/articles/31

養液タンクを透明じゃない容器(プランター)に変えたので、
コケが生えなくなった。

半分の穴をテープでふさいだ。
(それでも穴の数が多い)

VUパイプは、ちゃんとしたジョイントでつなげることにした。

キュウリとか上に伸び続けるような野菜の場合、
VUパイプ40では狭すぎる。
(ノコギリで裁断して燃えるゴミで捨てた! 大田区はプラスチックは燃えるゴミです!)


■ Ver.3 少し方向を変えてみる(葉っぱ用)
VPパイプ30(直径3cm,内径)を使って2段階(1往復)の経路

http://toolible.net/monozukuri/articles/36
Mizuna

葉っぱ用だから、細いパイプにしてみた。

葉っぱが成長するにつれ、
VPパイプ30から水が溢れるようになってしまった・・。

葉っぱとかの場合は、
VUパイプ40くらいがちょうど良さそう。
VPパイプ30は全てにおいて不適当。
+VPパイプは厚いので、加工しにくい!
(ノコギリで裁断して燃えるゴミで捨てた!)



■ Ver.4 現行バージョン、Ver.2の改善版
VUパイプ50(直径5cm,内径)を使って2段階(1往復)の経路

http://toolible.net/monozukuri/articles/63
Nft

容積比で、Ver.2の1.5倍になった。
キュウリとかナスとかトマト用。

ただ、問題が発生。
大きくなった分、ポンプをオンにして養液を流しても、
養液がスポンジまで届かない!

パイプのジョイント部で、
養液を一旦せき止められる形にして、(完全にはせき止めていない)
養液をパイプの中に充満させる形にしてみる。

それでも、養液が届きにくいところがあるので、
届くように赤玉土(大)を穴に流し込む!
1つの穴に対して、片手で収まるくらいの量で二杯分くらい。




こんな具合です。
Ver.4(現行バージョン)では、直径5cm(内径)を使っていますが、
それでも少しパイプの大きさに不安があります。

できればもう少し太いパイプを使いたいー、
と思いつつも、場所に余裕がないのです。

日当たりが今のところよりも少し悪いところに(狭い)、
今考えているVer.5を作ってみようかなと思っているところです。

日当たりがさらに悪いところに少し広いスペースがありますが、
そこ日照時間の4分の1くらいしか日が当たらないんですよね。



ちなみに、3月下旬に植え、
4月上旬に発芽したミニトマトの7割が死亡しました!
http://give-n-take.net/gat/user/show_diary/233

なんか、茎が紫色になって、葉っぱの裏側が紫になって、
へにょへにょになって、ばったんきゅー。

みたいな。

スポンジに養液が届かなかったのが1つの原因。
あと、風で茎がポキッと折れたのと、
それと低温障害なのかもしれません。

風で折れたのは、
スポンジの表面近くにタネを植えたのが失敗かな?

ミニトマトはスポンジの中ほどにタネを植えて、
発芽してから2週間くらいは家の中で育ててやるのが
良いかもしれません。


同じ時期に植えたナスは元気です。

キュウリに比べると、
ミニトマトもナスも成長するスピードがやけに遅いですね。


ミニトマトとキュウリのタネを
スポンジにブッ刺して発芽まちです。

キュウリは直ぐにでも発芽しそう。
ミニトマトの発芽はあと3日くらいかかりそう。


>>次の記事: ポンプコントローラ、今までのバージョンのまとめ
>>前の記事: NFT水耕栽培の設備Ver.4(←ひぐらし)とポンプコントローラVer.5の始動





水耕栽培のお勧めアイテム

水耕栽培のモノ作り記事

No_image
自作の水耕栽培の装置の作り方 パーフェクトガイド2
さてさて、前回の続きです。 ちなみに前回↓ 自作の水耕栽培の装置の作り方 パーフェクトガイド1 http://toolible.net/monozukuri/articles/82 ...
続きを読む>>自作の水耕栽培の装置の作り方 パーフェクトガイド2
Posted by kyosuke at 08/20 2008

No_image
自作の水耕栽培の装置の作り方 パーフェクトガイド1
ペットボトルで葉っぱを育てる? 市販の水耕栽培キット(価格1万円以上)でミニトマト1つ植えて育てる? 道具代1万円、 材料費2万円で、 ミニトマトやキュウリなど、 十数個を植えて...
続きを読む>>自作の水耕栽培の装置の作り方 パーフェクトガイド1
Posted by kyosuke at 08/04 2008

Higurashi_thumb
水耕栽培、繁栄を謳歌しています・・、水15リットル/日
繁栄を謳歌しています・・、水15リットル/日 水耕栽培は育てば育つほど、 水(養液)をどんどん吸い取っていきます。。 現在、ひぐらし5リットル/日、アグアグ10リットル/日 の養液が吸...
続きを読む>>水耕栽培、繁栄を謳歌しています・・、水15リットル/日
Posted by kyosuke at 07/24 2008

Root_thumb
アグアグver.1.5 - きゅうりを過小評価してたみたいです
アグアグに問題発生 アグアグの養液タンクは、設置場所の制約上(場所がない!) 1回につき6リットルの養液補給くらいの大きさしかありませんでした。 現時点でのアグアグの構成 キュウリ...
続きを読む>>アグアグver.1.5 - きゅうりを過小評価してたみたいです
Posted by kyosuke at 07/10 2008

Cucumber_thumb
水耕栽培で育てたキュウリを収穫しました、味は?
キュウリを植えた当時の記事、5月11日 http://toolible.net/monozukuri/articles/71 4月下旬にタネを蒔いてから、 2ヶ月ちょっと。 ついにキュ...
続きを読む>>水耕栽培で育てたキュウリを収穫しました、味は?
Posted by kyosuke at 07/03 2008

水耕栽培 の35記事を見る